セルフ・マネジメントの心理学

EC116_L

十年前にはジュリーに対するセラピイは、これまで記したものとはだいぶ異なったアプローチを用いたと思います。
夫との問題は、さまざまな試行錯誤のあげくに、なんとか解決することが可能だから、それを信じて努力を続けるようガイダンスを与えたと思います。
もちろん、そのようなアプローチが効を奏することが多かったのですが、それが最善のアプローチとはいえません。それに、それはかなりの時間がかかるやり方です。
現在は、今までとちがって、すぐに行動に移せるような処方菱を与えることを躍踏(ちゅうちょ) しません。
というのは、私自身、セラピストがセラピィのセッションで主にリードしていくといった伝統的なサイコセラピィ(心理療法)から、セラピストが教師としての役割を果たす新しいサイコセラピイの方式に転向したからです。この新しいアプローチはセフル・マネジメントの心理学的手法を用います。
〈教師〉としての役割を演ずるセラピストが、〈生徒〉としての患者に問題解決の手法を教えるのです。
つまり、こうすることによって、患者自身が自分に対して最善の教師になれるように指導していくというわけです。
ここで→出会って結婚しても全くケンカをしない夫婦はなかなかいないでしょう。そんな時の解決策は用意しておいた方が良いでしょう。

相互リンク開く

性関係の原則

016

人間は、意識的に性関係をむすびます。また、生殖行為をも意識的におこないます。意識的に性関係をむすぶときに、その性関係がぼんらいの性関係であるなら、人間はそれを生殖行為として意識していないことは明らかです。メカニズムのちがいからいっても、それは当然であるといえましょう。
ところが、その性関係の結果として、受胎現象がおこることがあります。そういうとき、ひとは、「失敗してしまった」とか、「できてしまったものはしかたがない」といいます。
まず相手がいないと、何もできないので、ここ→結婚相談所 比較 で相手を探してください。
「失敗」にもいろいろありますが、失敗はいかなるぱあいにもありうることなので、それはとにかく、「できてしまった」という考え方は、自分の行為には何の責任もないといっているようで、大いに反省を必要としまず。つまり、性関係のつもりが生殖行為であったことに気がついていないので、ここに明らかに二つのものの混同がみられるのです。
性関係と生殖行為を分離するのは、自然に反するものと考えて、故意にこの二つを混同しているひともいるかもしれません。そう考えているひとは、自然というものについてわかっていないのです。
動物と同じように、本能的な生殖行動をおこなうことだけが自然である、といくらそうおもっても、人間のメカニズムからは本能は失われており、人間は動物とちがった意識的行動にしたがわざるをえず、そのこともまたまさしく自然なのです。ただ、動物以下の自然に対して、人間の社会や文化は、新しい自然、広義の自然、あるいはレベルを異にする自然、とよぶことができるだけです。
生殖と独立に、性関係が人間にもたらすはたらきがあることも、それが人間レベルだけにはたらく新しい自然法則であるということも、ともにまえに述べたところでした。
医師に、妊娠能力がないと宣言された夫婦が、堂々と性関係をつづけたとしても、それが人間に与えられた当然の権利であり、また重要な意義がそこにある、と知るべきです。

いいなと思ったオトコがいたら

EC120_L

カレを「特別扱いしないこと」がポイント
合コンメンバーを求めて出会いがない 社会人 で知り合ったりした後、合コンや飲み会の席で、『あ、あの人いいな』って思うオトコを見つけたとき、
キミはどういうふうにカレに近づいている?「話したいな」と思っても、プライドが邪魔して、結局最後までひと言も話せなかった・・・なんて、もったいない。
そういうときは、さりげなくカレの視界に入る位置に座ろう。そして、「お世話」をしてあげるんだ。
たとえば「これ、食べますか?」と言って、食事を取り分けてあげたり。いらなくなったお皿をまとめて、片づけたり。
ここでポイントなのは、カレの視界に入るすべての人たちに分け隔てなくやってあげるということが大切。
だって、お気に入りのカレだけを特別扱いしていたら、まわりのみんなにも反感をもたれちゃう可能性があるし、彼自身も「うれしい」と思うより、「この子、オレに下心があるな」と思われてしまう可能性のほうが大きいから。
そうやって、さりげなくカレの視線を引き、自然と「あの子、いい子そうだな」と思わせておくことがポイント。
そして、カレと目が合ったらニッコリと微笑もう。
よく、はずかしくて目をそらしてしまう女の子がいるけれど、それはNG。
相手はまだ意識してキミを見ているわけじゃないし、第一、目をそらされたら、オトコは「あ、あの子はオレのことが嫌いなのかな?」って思う。
けして、「はずかしいから、(目を)そらされた」とは思わない。
たしかに、オトコもオンナも、気になる子がいたら視線で追ってしまうもの。だからこそ、目が合った瞬間がチャンス。その瞬間、恋が生まれることがあるんだから。
そして、カレと2人だけで会話ができるポジションへさりげなく移動しよう。
できれば、正面より真横がいい。正面というポジションは敵対しちゃう場合があるから。
ベストなのは、彼の左側。左側というのは、相手の左脳を直接刺激することができるんだ。
そうすれば、カレの心にスッと入っていけること間違いなしだね。

連絡先を上手に交換する方法とは

EC119_L

連絡先を教えられて、喜ばないオトコなんていない!

合コンメンバー探しで←ここから知り合った人たちで合コンをしたとき、
お気に入りのカレの連絡先を教えてほしいと思ったとき、キミならどうしてる?
オレの知り合いの女の子は、そういうとき、さりげなく自分が飼っている犬の話にもっていくんだって。
相手が犬を飼っていない場合は、「じゃ今度、写メ見せてあげる」と言って、メルアドをゲットする。
また、相手が同じく犬を飼っていたら、「今度、犬の写真送って.」などと言って、「じゃ、アドレス教えてよ」と言わせるそうだ。
たしかにオトコの立場からしてみても、連絡先を聞くという行為が、会話のなかで自然と出てくれば、聞きやすいし、教えやすい。
それに、最近、軟弱化してるオトコが多いから、自分から連絡先を教えてって言いだせないタイプが多い。だからこそ、彼女のような女の子がいると、とてもありがたく思える。
オトコなんて、相手がどんな女の子だろうと相手から連絡先を教えてもらえたら、うれしいもの。
今って、恋愛の主導権を女の子が握ってるパターンが多い。女の子が受身でいる時代は終わったといっても過言ではないよね。
だったら、女の子から積極的にアプローチしてもいいんじゃないかな。
自分の心のドアを開けてくれるのを待っているよりも、自分から開けてしまったほうが早いんだから。
それにオトコって、「連絡先を教えてくれた」という行為により、彼女を意識しはじめる。
まったく、眼中にない女の子だったとしても、「オレのことが好きなのか?」って気づくと、途端にその子を恋愛対象として見はじめる。
カレは、キミのことが気になって、気になってしかたなくなり、キミからの連絡を待ち続けてしまうだろう。そこで、向こうからアプローチしてきたら、もうこっちのもの。
カレは完全にキミの手中にいるね。つまり、女の子から連絡先を聞くことでデメリットになることなんて1つもない。
相手から聞いてくるのを待つことはしないで、種極的に自分から聞くべきだよ!

下ネタの正しいリアクションとは

EC118_L

質問には、きちんと答えるのが「礼儀」

合コンとか飲み会の席で、1番てっとり早いみんなの共通の話題って、下ネタだったりするよね。
「私は下ネタが嫌い」という女の子も、たまにいるだろうけど、ほとんどの子は興味があるでしょ。
だからこそ、わりとすぐにみんなで盛り上がる話として、下ネタをすることが多い。
そういうときに、たとえば、「初体験って何歳だった?」と聞かれたら、キミは正直に答えている?
「本当は14歳だけど、正直に答えたら引かれちゃうかしら?ここは無難に17歳と答えておいたほうがいいわね」なんて思って、思わずウソをついてない?
また、「処女?」なんて聞かれて、「本当は処女だけど、処女だって言ったらオトコはどう思うんだろう?とりあえず経験済みだと言っておこう」とかさ。
そうやって、ウソをつこうとするのは、オンナの価値観。オトコからしてみれば、キミの初体験が14歳だろうが、17歳だろうが、たいしたことじゃないんだ。それに、初体験の年
齢で、キミのすべてを知られるわけじゃない。でもね、そうやってウソでもいいから「答える」ことができるキミは、えらい。
オレが一番イヤだなぁと思うのは、笑ってごまかすオンナ。
だって、経験人数を聞いたところで、その人のすべてが分かるはずないのに、「え~、やだぁ」なんて言って、カマトトぶるオンナは最悪。
第一、そのあとの会話が続かないでしよ。
それに、そうやって可愛い子ぶっているオンナは、つき合ったらすぐにポロが出て、フラれちゃうタイプ。結局、自分で自分の首を絞めているから仕方ないけど。
たしかに、自分の気に入ったオトコの前で、下ネタをふられたら恥ずかしいという気持ちはあるかもしれない。
でも、ウソでもいいから「答える」ことが大事だと思うし、それが礼儀だからさ。
ま、オレからすると、SEXのネタで、隠したいと思うことなんてあるの?って、逆に思ってしまうけどね。
ウソを言ってしまうと、そのウソをずっと言い通さないといけない。後でバレたら大変です。一生、ウソを通せますか?
だから最初からウソは言わない方が良いでしょう。ウソを一生通すって想像以上に神経をすり減らして大変です。
まずは自分に素直に見栄を張らずに相性が合う人を、出会い系 サクラいない で、探してみましょう。

夫婦間の問題解決手段の1つをご紹介

EC117_L

〈愛情による対決〉の手法に触れた時に、ジュリーは、具体的にどうすればよいのかを知りたいと言いました。
そこで、私は次のように答えたのです。
「多くのご婦人方は”夫は、自分の気持ちを語ろうとしない”と言われます。
”夫の心が穏やかでないことは分かっているが、夫はそのことについて語ろうとしない”と言うのです。
ですからそういうご婦人方は、”自分が信じられていない”といった気持ちを抱いたり、また、拒絶されたような気持ちになるというわけです。
そこで、私は、そういう夫に、気持ちとか、感情というものは、〈心の反応〉であると理解できるよう教える方法を、そういう妻たちに示します。
つまり、〈感情〉は〈心の中に起こった刺激〉であるということを、夫たちが抵抗なく受け容けられるように助けるわけです」こう言いますと、
ジュリーは顔をややしかめながら、聞き返しました。
「でも、先生、妻は、〈小さな子供〉である夫をおびやかすようなことはできないんじやありません?」
「無情だとおっしゃるのは分かります。でも、〈愛情による対決〉の、効果的なやり方を示しますから、その点は心配いりませんよ。
たとえば、あなたの夫は無神経で、全然、変わろうとしないと言いましたね。そして、あなたの気持ちに対する配慮が足りないって。
そこで、〈分類の仕直し〉という作業をやってみることをすすめたいのです。
つまり、夫は〈表現の方法を知らない〉から、自分の感情を表に現さないし、また、あなたの問題に無関心を装っているのだというふうに考えてみるわけです」
「でも、そんなふうに考えたら、なんだか夫に対して、かわいそうな気分になってしまうような気がしますけど」
「いや、私は、この方法は、そんな気持ちにはさせないと思います。むしろ、あなたがたお二人が問題に取り組みやすくすると思いますよ。
つまり、〈分類の仕直し〉は、行き詰まったと思える問題を解決するために別の見方を加えるという作業なんです」
「では、別の見方をすれば、どういう結果になるんですか?」
「まず、あなたが教師の役割を果たすんです。世の中の夫たちは認めないかもしれませんが、男は女性の助けが必要なんですよ。
もちろん、助けが必要なのであって、憐燗でもなければ、甘やかしでもありませんよ。
非常に無神経な世界に生活している男たちが、感性が豊かな人間になる方法を学ぶに
は、そういう面では男たちよりもずっと経験が豊かで、長けている女性の助けが必要なんですよ。
だいたい、このごろの男たちは問題ですよ。表面では有能な人間であるように見せかけていますが、その実は生活上の問題に圧倒されているんですから、
問題に対応できる力を持ってないんですよ。たとえば、妻をほんとは愛したいんだけれど、その愛し方を知らないんです。
稼ぎ、保護するという役割は果たせるんだけれども、それだけじゃ、妻たちはもう満足できなくなったんじゃないんですか。
夫が妻たちの帰属感を満たし、自尊心を高めることができるような精神的なコンパニオンとなって欲しいと願っているんですよ。
もちろん、妻たちも、このごろは多くの問題を抱えていますね。でも、夫たちにくらべたら、ずっとましですよ。
というのは、妻たちは、自分の心配や悩みごとを女友だちに打ち明けたり、相談したりするけど、夫たちはそれをしないんです。
伝統的なく男性像〉にとらわれて、そこから脱皮する方法を知らないんですよ」
夫婦間で問題が発生しないなんてことはほぼありません。問題が発生したら、解決に向けて第3者に相談してみるなど、あらゆる角度から解決への取り組みを始めてください。
しかし、問題は少ない方が良いですよね。結婚相談所 30代 ←ここで相性ピッタリの結婚相手を探せます。是非覗いてみてください。