いいなと思ったオトコがいたら

EC120_L

カレを「特別扱いしないこと」がポイント
合コンメンバーを求めて安心 出会系 で知り合ったりした後、合コンや飲み会の席で、『あ、あの人いいな』って思うオトコを見つけたとき、
キミはどういうふうにカレに近づいている?「話したいな」と思っても、プライドが邪魔して、結局最後までひと言も話せなかった・・・なんて、もったいない。
そういうときは、さりげなくカレの視界に入る位置に座ろう。そして、「お世話」をしてあげるんだ。
たとえば「これ、食べますか?」と言って、食事を取り分けてあげたり。いらなくなったお皿をまとめて、片づけたり。
ここでポイントなのは、カレの視界に入るすべての人たちに分け隔てなくやってあげるということが大切。
だって、お気に入りのカレだけを特別扱いしていたら、まわりのみんなにも反感をもたれちゃう可能性があるし、彼自身も「うれしい」と思うより、「この子、オレに下心があるな」と思われてしまう可能性のほうが大きいから。
そうやって、さりげなくカレの視線を引き、自然と「あの子、いい子そうだな」と思わせておくことがポイント。
そして、カレと目が合ったらニッコリと微笑もう。
よく、はずかしくて目をそらしてしまう女の子がいるけれど、それはNG。
相手はまだ意識してキミを見ているわけじゃないし、第一、目をそらされたら、オトコは「あ、あの子はオレのことが嫌いなのかな?」って思う。
けして、「はずかしいから、(目を)そらされた」とは思わない。
たしかに、オトコもオンナも、気になる子がいたら視線で追ってしまうもの。だからこそ、目が合った瞬間がチャンス。その瞬間、恋が生まれることがあるんだから。

Comments are closed.