下ネタの正しいリアクションとは

EC118_L

質問には、きちんと答えるのが「礼儀」

合コンとか飲み会の席で、1番てっとり早いみんなの共通の話題って、下ネタだったりするよね。
「私は下ネタが嫌い」という女の子も、たまにいるだろうけど、ほとんどの子は興味があるでしょ。
だからこそ、わりとすぐにみんなで盛り上がる話として、下ネタをすることが多い。
そういうときに、たとえば、「初体験って何歳だった?」と聞かれたら、キミは正直に答えている?
「本当は14歳だけど、正直に答えたら引かれちゃうかしら?ここは無難に17歳と答えておいたほうがいいわね」なんて思って、思わずウソをついてない?
また、「処女?」なんて聞かれて、「本当は処女だけど、処女だって言ったらオトコはどう思うんだろう?とりあえず経験済みだと言っておこう」とかさ。
そうやって、ウソをつこうとするのは、オンナの価値観。オトコからしてみれば、キミの初体験が14歳だろうが、17歳だろうが、たいしたことじゃないんだ。それに、初体験の年
齢で、キミのすべてを知られるわけじゃない。でもね、そうやってウソでもいいから「答える」ことができるキミは、えらい。
オレが一番イヤだなぁと思うのは、笑ってごまかすオンナ。
だって、経験人数を聞いたところで、その人のすべてが分かるはずないのに、「え~、やだぁ」なんて言って、カマトトぶるオンナは最悪。
まずは自分に素直に見栄を張らずに相性が合う人を、出会い系 サクラいない で、探してみましょう。

Comments are closed.