夫婦の関係で困ったら

FF037_L

夫は〈表現の方法を知らない〉から、自分の感情を表に現さないし、また、あなたの問題に無関心を装っているのだというふうに考えてみるわけです」
「でも、そんなふうに考えたら、なんだか夫に対して、かわいそうな気分になってしまうような気がしますけど」
「いや、私は、この方法は、そんな気持ちにはさせないと思います。むしろ、あなたがたお二人が問題に取り組みやすくすると思いますよ。
つまり、〈分類の仕直し〉は、行き詰まったと思える問題を解決するために別の見方を加えるという作業なんです」
「では、別の見方をすれば、どういう結果になるんですか?」
「まず、あなたが教師の役割を果たすんです。世の中の夫たちは認めないかもしれませんが、男は女性の助けが必要なんですよ。
素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
もちろん、助けが必要なのであって、憐燗でもなければ、甘やかしでもありませんよ。
非常に無神経な世界に生活している男たちが、感性が豊かな人間になる方法を学ぶに
は、そういう面では男たちよりもずっと経験が豊かで、長けている女性の助けが必要なんですよ。
だいたい、このごろの男たちは問題ですよ。表面では有能な人間であるように見せかけていますが、その実は生活上の問題に圧倒されているんですから、
問題に対応できる力を持ってないんですよ。たとえば、妻をほんとは愛したいんだけれど、その愛し方を知らないんです。

Comments are closed.